王立魔法図書館の[錠前]シリーズ三作目が出ます!

ということで、10日に出たムーンドロップス新刊の裏帯で公開されましたが。


王立魔法図書館の[錠前]シリーズ、
3巻が出ます!!!!!!

4月10日に、イサックと美月が帰ってきますよ~~~~

もちろん、ドS魔導士ヴァレリーや、スイート王子アルフェも帰ってきます。

そして、鬼畜司祭もリターンズですwwww(というより、今作の影の主役という話もwww)

今回のお話は……。

美月が『錠前』となって一年。

司書業に恋にと、美月は充実した毎日を送っている。

けれど、図書館を巡る陰謀は、未だに水面下で進行していた。

教会や商人ギルドの不穏な動きを心配するヴァレリーやアルフェ。

密かにイサックも警戒を強めていたある日。

初めての冬支度に、王都の市場に向かうイサックと美月。

新婚夫婦のように、幸せな気持ちで買い物を楽しんでいた二人だが、

帰りがけに寄った本屋で、美月は何者かに攫われてしまう。

憔悴し、美月を必死で探すイサック。

そして美月は、監禁された塔の中で、二度と会いたくない

と思っていたあの司祭と、再会することになるのであった……。


という感じの、なかなかスリリングな展開となっております←

そしてラストは、完結編に相応しい、大大円なハッピーエンドに✨


さて今回の表紙と挿絵は、逆月酒乱先生です。

錠前シリーズは毎回別のイラストレイターさんにご依頼してるので、

毎回、新しいメンバーたちに会えるのですが、

酒乱先生は男性を描くのがとても上手い方なので、

イサックだけでなく、鍵メンバーたちの彼らがどう描かれるのか楽しみです。


ということで、今回出る3巻で錠前シリーズは完結する予定です。

昨年の夏に編集さんからお話をいただきまして、

秋から必死で書きおろしをしておりましたwww

デビュー作に伏線を残したまま刊行し、

無事続編を出させてもらいまして、それだけで望外の幸せだ、

って思ってたんですが。

更に思いがけず、完結編まで刊行していただけることになり、

本当にありがたいなあ、と言う気持ちでイッパイです。


楽しんでいただけたら嬉しいなあ。。。

ということで、必死に校正頑張ります!

ではではあああああ。

Make My Day!

当麻咲来の著作や仕事に関するHPです。実績についてはWORKから。お仕事のご依頼に関してはCONTACTよりお願いします。 書影以外のイラストは朔羽ゆき(https://twitter.com/sakuhayuki_)様より頂いています。

0コメント

  • 1000 / 1000