「王立魔法図書館の[錠前]は執愛の蜜獄に囚われて」発売開始しました!

こんばんは。

コロナウイルスの影響で、皆様、心身共に疲れがたまっていませんか?

私は普段と違う勤務体制に、自由な時間が増えているはずなのに、却って疲れがたまって、口内炎に苦しんでいます←

さて。

そんなところに新刊の宣伝をさせていただいてすみません。

先日まで、ムーンライトノベルズさんで連載させていただいていた、「王立魔法図書館の[錠前]に転職することになりまして」の続々巻、

「王立魔法図書館の[錠前]は執愛の蜜獄に囚われて」が昨日発売になりました。

いろいろとトラブルを引き起こした教会や、エルラーン司祭がどのような結末を迎えるのか。元『鍵』候補たちがどうなっていくのか。

何より、ヒロイン美月と、『鍵』の彼がどう幸せな結末を迎えるのか。ドキドキしながらお楽しみいただければと思います。

竹書房様のTL通信のページをリンクしておりますので、販売サイト他、詳細はこちらでご確認ください。


ちなみに第1巻「王立魔法図書館の[錠前]に転職することになりまして」は、私のデビュー作でもあります。ムーンドロップス恋愛小説大賞最優秀賞&読者賞受賞作です。

ウエハラ蜂先生の表紙と挿絵です。

第2巻「王立魔法図書館の[錠前]は淫らな儀式に啼かされて」

一年後に発売された、書きおろしの続編です。城井ユキ先生の表紙と挿絵です。

もしよろしければ、続編も楽しんでいただけたら嬉しいです。

アマゾンのkindleアンリミテッド会員の方であれば、三作品とも読み放題対象作品ですので、会員費以外は無償でお楽しみいただけると思います。

紙書籍派です、と言う方であれば。

コロナウイルスの影響で、4月刊行の本は、そもそも本屋さんが休業中のところも多く、売れ行きが危ぶまれる傾向があるとお伺いしております。

当麻自身もたくさんの方に拙作を手に取っていただきたいという思いもありますが、

それ以上に、この本一つをとっても、出版社、編集者、デザイナー、そして実際に店舗で本を売ってくださる本屋さんや、スタッフの皆さま、いろいろな人のお陰でお手元にお届け出来ている。本は作者一人の力で作れるものではけしてないので。

こんな時期だからこそ、私の本を、というだけでなく、興味のある本は是非手に入れて読んでいただきたいと思います。

もし関心があれば、当麻の作品に関しても、お読みいただければ幸いです。

本を読むことでストレスが解消できたり、楽しい時間を作れたりすると思います。そんな形で免疫力向上を目指して、一緒にこの大変な時期を、無事乗り切れたらな、と思っています。

それでは皆様、くれぐれもご自愛くださいませ。

Make My Day!

当麻咲来の著作や仕事に関するHPです。実績についてはWORKから。お仕事のご依頼に関してはCONTACTよりお願いします。 書影以外のイラストは朔羽ゆき(https://twitter.com/sakuhayuki_)様より頂いています。

0コメント

  • 1000 / 1000